新大阪の税理士のITメモランダム

スマホやITの活用法や税務会計のこと

ChromeのGmailで自分のアドレスをBCCに自動で入れる拡張機能~Bcc Me for Gmail

追記

(2016/1/18追記)

Bcc Me for Gmailですがうまく入力できなくなってしまったので
Auto Bcc for GMailという拡張機能に変えました

詳しくは以下の記事で

なぜ自分のアドレスをBCCに入れて送信するのか

メールはGmailに集約して久しいですが
PCのメールソフトBecky! Internet Mailを使っていた頃からのクセで
メールを送るときは必ず自分のアドレスをBCCに入れて
コピーが自分にも届くようにしています

これでアドレスで検索したりタグとうまく使うと
同じ相手とのやりとりを時系列で見ることが出来るのでとても便利です

イマドキのメールはスレッド表示といって
やりとりをひとまとめにして表示してくれる機能がありますが
メールによってはものすごく延々と続くこともあり
そうなるとスレッド表示が煩わしいときもあります

そこで同じアドレスから来たメールと自分が送ったメールに
同じタグが付くようにフィルターで設定しています

これは昨年の記事詳しく載せていますので参考にして下さい

iPhoneでは

幸いiPhoneには設定で
自分のアドレスを自動的にBCCに入れる機能が備わっていますので
この運用ができるようになっています
(設定→メール/連絡先/カレンダー→常にBccに自分を追加をオンにする)

そのお陰で標準のメールアプリから逃れられません(笑)
気になるメールアプリも多いのですがこの機能だけは譲れません

PCのChromeでは

さてPC上でGmailを使うときはどうするか

メールを書く度にBCCに自分のアドレスを入力するのは
全然現実的ではありません

これまではChromeの拡張機能TemplateSwitcherを使う方法を
古いブログでも紹介して使っていましたが
もう少し簡単そうな拡張機能を見つけ実際に使ったらうまくいったので
今日はそれを紹介します

Bcc Me for Gmail

Bcc Me for Gmail™ - Chrome ウェブストア

Chromeの拡張機能です
インストール後この画面の赤枠に
BCCで送りたいアドレスを入力してSaveボタンを押します
これで設定は完了です、思いのほか簡単です

f:id:stax77:20150205165445j:plain

これでメールを作成使用とするとこうなります
(アドレスや署名は消しています)
f:id:stax77:20150205165447j:plain

一見入っていないように見えますが

f:id:stax77:20150205165446j:plain

ぼかしていますが(笑)設定したアドレスが入力されています

 

この拡張機能が有効なときはアドレスバーの右に

f:id:stax77:20150205165448j:plain

「bcc」と表示されています

もし何らかの理由で一時的に使わないときは「bcc」をクリックすると

f:id:stax77:20150205165449j:plain

と変わり入力されなくなります
戻すときは同じようにクリックします

メールの使い勝手を良くすることでより効率的に仕事をすることができます

以前のTemplateSwitcherより簡単に設定できますので
気になった方は是非試してみて下さい

関連記事